高脂肪のラーメンは、塩分を減らすほど太りやすくなるって本当?

体には悪いが美味しいもの……それがラーメンです。麺は炭水化物です。大盛りや替え玉などを注文すればたちまち糖質の過剰摂取につながります。そして、高脂肪かつ高塩分のスープが追い打ちをかけます。しかし、脂肪はともかく、塩分に関してはある程度の量をとった方が太りにくい可能性があります。

ラットに高脂肪・高塩分食を与えた結果は?

アメリカ・アイオワ大学では高脂肪食と塩分の関係を調べるため、グループ分けしたラットを使った実験を行いました。

グループ1:通常食を与える
グループ2:高脂肪食を0.25~4%の異なる塩分濃度で与える

そして、16週間後に体重を測定しました。通常食のグループ1よりも、高脂肪食のグループ2の方が体重が増えたのは当然です。しかし、その増え方は塩分濃度の影響を受けていました。

高脂肪・高塩分食による体重増の幅は、通常食と同等!?

体重測定の結果、最も体重が増えたのは低塩分・高脂肪食グループで15gの増加となりました。ところが、同じく高脂肪食を与えられていたにも関わらず、高脂肪かつ高塩分の体重増加は通常食グループと同等のレベルにとどまりました。その理由は、高塩分によって消化効率が低下したためだと考えられます。このことをラーメンに当てはめると、次のように言えるでしょう。

「高脂肪・高塩分のラーメンは健康的な食事とはほど遠いが、塩分が少なければもっと太っていた可能性がある」

ただし、高塩分は高血圧を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞といった重大な疾患のリスクを高める危険があります。仮に高脂肪食の摂取にともなう体重増加を抑える働きがあったとしても、決して勧められるものではないことは言うまでもないでしょう。

ところで脂っぽいものばかり食べているとニキビができることがありますよね? 10代、20代の頃は本当に苦労させられました。歳をとったらもうニキビはできなくなるかと思いきや、頬やあごのあたりにポツリ、ポツリとできることがあります。これは「大人ニキビ」といって肌の乾燥によるものなのだそうです。ニキビは上手に治さないとニキビ跡になるからやっかいです。ニキビ跡の黒ずみには美白効果のある化粧品が良いのだそうです。ビーグレンのホワイトケアというシリーズは、ハイドロキノンという強力な美白成分を含んでおり、ニキビ跡に効果的だと言われています。ちょっとに気になっています。ビーグレン ハイドロキノンはニキビ跡に効く?ホワイトケアの口コミ

SNSでもご購読できます。